毎週CS:さてこの記事の中で身内って単語何回使ったでしょう

初手を見るとサイコ、アポカリプスデイ、ライト、ボーン躍りチャージャー、リバイヴホール。3ターン目、ボーン躍りチャージャーの返しにトリッパーを出され、ホールが打てないからとライトを撃とうとしたら青マナを引けずライトを埋め、返しにエンターテイナーを出されてまた何も出来ずにターンを返し、バイクを飛ばされて成す術もなく敗北。
そんな負けパターンが非常に現実的で絶望していた吹田CS前の木曜日。

その週末にあった吹田CSを、GPで握るデッキの少なくともプロトタイプで出て感触を確かめたあとにCS後の一週間をかけて調整する。
そう前回の高槻CS後に決めてから、環境に強いカードこそ見つけたものの、それをまともに戦えるレベルのデッキに落とし込むことが出来ずに悶々とした日々を過ごしていました。

デッキが強いか、カードが強いか。

環境に食い込むようなデッキは必ずこのどちらかが満たされるものですが、こと公式に単色を推されまくったデュエルマスターズ。
古典的な3色の方がカードパワーややれることが大きい、という固定概念は完全に覆され、特定のカードが強いだけのデッキが勝ち上がり続けるのは難しく、マナベースが乱雑で単色より不安定、尚且マナ武装というギミックにより単色で有る限りはカードパワーが保証されている。
そしてこれが一番大事な所ですが、地雷デッキと言うものが活躍しやすいのは間違いなくデッキが強い時期ではなく、カードが強い時期なのです。
そんな人殺しのような環境でわざわざ地雷握ろうと一生懸命考えてる自分もまあ自殺願望の塊だよなー、とか考えていました。

そんなことを考えている内にもう金曜日の夕方。いい加減デッキを決めないといけない時間になってきました。
夜に身内と回した結果、アナカラーに対する立ち回りかたをある程度確立出来たのでイメン使うか、少々強引にでも今晩一晩使って青黒ハンデスを戦えるレベルに組み上げるかのどちらかだなーとか考えつつ身内たちと晩飯食いに言って席で雑談してた時、身内がさらっと「そういや明日の吹田って新しいデッキのカード使えるんだよねー」と言ってきたんです。


「・・・・・・・マジで?(自分が出る大会のレギュレーションも確認してない池沼並感)」


確認してみたら本当に使えるみたいだったんで、ちょっとの脳内で新しいバイクについて考えてみました。

ザブラック(新しいカード)があればデッキの中の黒のクリーチャーはザブラック、レッドゾーンX、トリッパー、リバイヴホール、エンターテイナーになる。
これならザブラックの侵略先にもなるブラッサイコを余裕で採用出来、もし仮に採用した場合、アナデッド相手なんかにエンターテイナーorトリッパーから進化することで相手の後続を止めて、リバイヴホールから打点を撒いてやることで殴り勝つプランを作ることが出来る。
もしこれでアナデッドに勝ちきる事が出きるようになったなら、赤黒バイクに有利がつくデッキが環境に一つも存在しなくなってしまう....


これだ。


こうして、吹田CSで握るデッキが決定しました。


とはいえ、CSでバイクを握ることなんて"絶対に"無いと考えていたので、ノウハウは殆ど有りません。


そしてカードも有りません(今回の場合こっちの方が大事)。


急いでバイクのパーツを借りれる身内(サトーさん)に連絡を取り、そこそこの電車代をはたいてカード借りに身内(サトーさん)の家に向かい、借りた後に駅に戻ったら終電終わってたので、仕方ないからまた別の身内(Vのもれ)に連絡を取って泊めてもらう約束を漕ぎ着けて、家に上がらせてもらって晩飯の所から一緒に着いてきてくれた身内(さいたまくん)と一晩延々とバイク回して、何とか難を乗りきりました。
身内って単語使いすぎて誰が誰だか分かんなくなってたのでルビ振ってしまいました。みんなありがとな!!


ですがまだカードが足りません。(吹田CS当日朝7:00)


仕方ないからtwitterで募集のツイート流して会場に向かいました。これぞ行き当たりばったり。 

他のカードは何とかなったものの、どうしても1枚揃えられなかったレッドゾーンXだけ会場の物販で買って何とか揃えて、死にそうな顔になりながらいざ本戦へ。

5月21日 第2回吹田CS

R1 VSイメンブーゴ ×
後手4ターン目初動に余裕で追い付かれてジャスキル打点+単騎マグナム揃えられて負け。

R2 VSカウンターモルトNEXT ○
後手トップギアトリッパーバイクリバイヴの動きで殴ったらボルドギ2+革命の鉄拳で返され、永遠リュウセイ立てられて盤面一掃されたけどリバイヴで回収してたバイクで禁断解放して勝ち。相手のプレミ。

R3 VS赤黒ビート(?) ○
トップギア、バイク、ブーーーーン。

R4 VS赤黒侵略 ○
先手トップギアを天秤で焼かれたりしたけどバイク走らせて相手の盾0にして、相手のザブラックデッドゾーンにバイク潰されて子供出されてロックされるも、相手が殴ってきた時にトリガーインフェルノサインでクロック引っ張ってきて勝ち。

R5 VSベアフカン ○
先手こそ取れたもののポレゴンアタック侵略ベアッサー、と投げられて死を覚悟するも、

トップ革命の鉄拳という神ドローで処理(糞野郎)。

相手の返しがエッグで次にベアフカンを飛ばされるの確定してたので、レッドゾーンZレッドゾーン侵略で盤面裁きつつホーリー踏まないように祈りつつ殴って、相手のベアフガンにバイク潰された返しにリバイヴでレッドゾーンZ回収➡そのまま投げつけて勝ち。

R6 VS黒刃鬼 ×
先手トップギアトリッパーを相手がブーストギフトファンクで全部捌いてきて、ズルズルやってたら永遠リュウセイとドラゴ大王とダイハード飛ばされて負け。

合計4-2で予選上がりました。最後の相手が身内(Vのもれ)だったんで、絶対許さないです。

本戦R1 VS赤黒バイク ○
ジャンケンに負けて死を覚悟するも、相手がギアトリッパーの後の後続を引けてなかったので並べ合いに。(この間にレッドゾーンZで盾を1枚焼却。)
相手の墓地とマナに1づつクロックがあったので盤面のギアザゼットザゼットで勇気のジャスキルしに行ったら通って勝ち。

対戦相手が身内(さいたまくん)で、リストも数枚除いて一緒だったのでここで当たらなかったらなーって二人で嘆いてました。

本戦R2 VS白刃鬼 ○
先手トップギアトリッパーバイク、相手は初動3ターン目、決着。

本戦R3 VSデアリ侵略モルト ×○×
この試合ではいくつも明確なミスをしています。
まず一本目、初手がトップギア、トップギア、トリッパー、レッドゾーンX、ザブラック。
ここでレッドゾーンXを埋めれば、黒を補完でき、ギアトリッパーの流れをスムーズに決めることが出来た筈なのに、


何故かトップギアをマナに置いてしまいました。


そのせいでトリッパーを出すための黒マナが出せずにトリッパーを2ターン目に置く羽目になり、それに天秤を当てられてズルズルと負けてしまいました。
その後の2本目をバイクパンチ➡相手によるデッドゾーンサイコ制圧からのアタックをクロックで返して次のターンの禁断解放ジャスキルで気合いで取った後、3本目。

相手の子供の返しにリバイヴリュウセイして、相手がその返しにホールデッドゾーンで3パンしてきたので、クロックを踏ませ、禁断解放でカウンターすれば勝てる、と勘違いし。


あろうことか相手の場の子供の存在を忘れてザマッハを出してタップインで何も出来ずに負け。


手札の革命の鉄拳で子供を先に処理していれば、後の相手のアクションが弱かったので勝っていた筈だったのに、痛恨のミス。
小学生並みのミスで勝てる試合を落としてしまったのは無茶苦茶悔しかったです。
準決勝に上がってれば相手が身内(8時50分)だったというのも大きかったですし。

今までも何回もこういう馬鹿みたいなミスで大事な所落としているので、集中力切れてるのか、体力が無いのか、オッサンなのか。

自分の悪い所が如実に出てしまって、本戦3没、トップ8落ちでした。

環境読みという面でも、最後の相手や4回戦目の赤黒侵略のようにバイクが最強である事をしっかり理解したカードチョイスがしてあるデッキも少なからずおり、自分が想像している以上に環境理解が皆進んでいることを再認識させられました(それが実用的な構築に結び付いているかどうかはまた別の話ですが...)。

周りの環境理解がどの程度で、それを自分がどの程度把握しているかというのは、デッキ構築に非常に大きく関わってきます。
Vaultの環境推移は例え一人であっても毎日見ていればわかるので楽ですが、周りのコミュニティを広く持っている人ならいいけれど、そうでない自分はリアルのCSに出る際の回りの環境の理解度に非常に疎い、言ってしまえば周りのプレイヤーよりも不利な状況で戦っている、であれば全てに勝てるデッキ構築をすればいい。そう考えてはいるのですが、それは自分の環境理解が周りよりも遅れていた場合には成立し得ない、言ってしまえば運ゲーなのです。
自分がCSに出始めて結構な時間が経ちましたが、これを課題にしようと遥か昔に決めたものの、この運の部分を未だに取り除けていないのがネックだなぁ、と凄く思います。
簡単に言ってしまえば誰か友達になってくださいって話になるんですけど、今回のCSはまさにその環境理解が出遅れた状態で出てしまったので負けたな、と思いました。反省。


あとは身内(8時50分)の優勝の報を聞いた後、身内(Vのもれ)と身内(さいたまくん)と身内(leviくん)で関西DMPの聖地歴史を刻めを食って身内(Vのもれ)の家に泊まって帰りました。いつのまに量増えたんすかあそこ。


さて、来週はついにやっとGPです。
今回こそバイクを握ったものの、7-1という成績でないと予選を上がれない以上、先手後手でムラの有りすぎるバイクは可能であれば握りたくない、と言うのが正直な感想だったんで、バイクを握るはめにならないようデッキ構築頑張ります。

『5月21日 第2回吹田CS 赤黒レッドゾーン』
4 x 一撃奪取 トップギア
4 x 轟速 ザ・ゼット
4 x 轟音 ザ・ブラック V
4 x 熱き侵略 レッドゾーンZ
4 x 禁断の轟速 レッドゾーンX
4 x 停滞の影タイム・トリッパー
4 x 超次元リバイヴ・ホール
4 x 終末の時計 ザ・クロック
3 x 轟く侵略 レッドゾーン
2 x 轟速 ザ・マッハ
1 x 革命の鉄拳
1 x インフェルノ・サイン
1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
2 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
2 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
2 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

あ、既存のバイクのブラッサイコは糞弱かったんで抜きました。
スポンサーサイト

毎週CS:ぼっちの恐怖を知った

知りました。

GWのCSラッシュも終わって(尚自分はインフルエンザで死亡)、やっと落ち着いてデッキ考えられる、と思ったのもつかの間、週末にはADTと高槻CSがあるではないですか。

ADTはわざわざキャンまちなら、と別段絶対出ようという気力もなかったのですが、気づいたら登録リストのそれも結構最初の方に名前があったというADT運営の策略に引っかかって出ようということに。

というわけでデッキを考えるわけですが、別にこの環境何握っても勝てるし何握っても負けます。
具体的には自分の引きに依存するデッキ(べアフガン、バイク、モルネク、アナデッド、黒単、天門などほぼすべてのアーキタイプ群)と相手の引きに依存するデッキ(サソリス、イメンブーゴ)しか存在せず、構築で多少のケアこそできるもののそれを完全に覆すのは不可能です。
ならば自分の引きに依存せず安定した動きが可能な、所謂相手の引きに依存するデッキ、その中でも最近緑単のケアで増えつつある受けられるカードをものともしない、コンバットを介さない勝利手段を持っているイメンブーゴを握りたい、と考えました。

そう、考えました。


カードがねえ。(ADT前夜午前3:00)


超次元は殆どない(あるけど結構探すのに時間がかかる)、そもそもイメンブーゴが足りない、マッカランファインも持ってない、着けてたおやつFLが余ってないのに1枚裂けたなど燦々たる状況だったために、泣く泣くイメンブーゴは却下に。
資産の都合で握れるデッキが大分絞られるなか、余裕で組める黒緑速攻の誘惑を振り切りながらなんとか環境のアーキタイプの中で奇跡的に40枚メインがそろっているアナデッドというデッキを発見したんで、是非もなく飛びつくことに。


勝利ガイアールが一枚しかねえ。(ADT前夜午前5:00)


残りの47枚はとんとん拍子で見つかったものの、これだけがどうしても揃えられず、会場で気合で借りるかといういつも過ぎるノリでADTへ向かうことに。(この時点で怪しい空気が)

電車の中で一応持ってきたイメンをなんとか緑単サソリスとハイブリッドできないかうんうん考えたりしてましたがそもそも緑単サソリス(の残骸)を家に忘れてきて詰んだりとかしてたらもう名古屋。

会場に着いてみたら交流のない地元民しかいなくて絶望したので、仕方なく勝利ガイアール1枚で出場しました。

5月14日 第9回ADT
R1 VSべアフガン ×
相手が進化もサーチャーも引いてないと思ったら1コスを5枚ほど引かれて集団で殴りきられて死亡。

R2 VSシータサンマッドモルト ×
相手が4マナの状態でサイコ出してハンデスしたら前に解体で確認してたエナジーホールが3分の1の確率で残って、エナホから盤面展開→モルトまで持っていかれたところをブサで耐えて勝利ガイアールで返そうとしたら超次元に勝利ガイアールが1枚しか入ってなかった。なんでや。

R3 VS黒単ヘルボロフ ○
レイン解体サイコって動かれて負けを確信したら相手がいつまでたってもヘルボロフを引いてこず何故かこっちが先に展開出来て勝利。

R4 VS黒単ヘルボロフ ×
レインヴェイダーサイコって動かれて負けを確信したらマグナム出されて普通に詰んだ。うん、知ってた。

R5 VS緑単サソリス ×
マナに1枚サソリスがある状態で解体サイコしたらサソリス4枚全部落ちて勝ったなって思ってたらジャーベルナスジャーベルで2枚目のサンマッド持ってこられてジャスキル決められて負け。デッドゾーンはどこへ行った。

結果1-4予選落ち

今回のADT、自分ほど楽観的でCSを舐めてる人間もいなかったでしょう(自業自得)。

一人回しの中でもそんな勝利ガイアール2枚も使う場面多くないしいけるやろって思ってたらR2で見事に1枚しかないせいで相手の盤面捌けなくて負けたりとかいう爆笑オチもあったりして、正直普通に笑えませんでした。

あとは普通に名古屋DMPの嗜み歌志軒食って名古屋DMPの聖地WINNERS覗いて帰りました。


教訓:カード借りる当てもないのにCSに突撃してはいけない。地獄を見る。


そのまま帰宅せずに地元の身内の家にカード借りるために転がり込み、高槻CSのデッキを考えることに。

前の日のADTで初めてCSでアナデッド握って、これは勝利ガイアールあっても正解な選択肢じゃないな、とは思っていたので一から考え直さないといけないわけですが、如何せん先ほども述べたように環境には「正解」といえるアーキタイプが存在しないため、まあこれなら本命だったイメンで出ようかな、と身内のカードを漁ろうとしたときに、悪魔のデッキが目に飛び込んできました。

ブライゼシュートです。

少し前に出たCSで青白ループ天門を握ったときに、毎回サーチパーツかミルザムを引き込んでこなくてはいけない都合上引き厨度合いが半端ないという結論になって諦めた天門というアーキタイプですが、このブライゼシュートならディメンジョンゲート→サーチor4コストドローソースという黄金パターンで無駄なターンが少なく、深緑の魔法陣のお陰でハンデスのないバイク以外のフェアデッキには詰みルートが存在し、何よりブライゼナーガのおかげでトップ合戦に強くなっている、ということで電車に揺られ続けてお疲れの自分には非常に魅力的に見えてしまいました。

その身内からデッキごと借りて、ブライゼシュートというデッキを触ったことがなかったため、睡眠を犠牲にして一人回しである程度動き方を把握し、いざCSへ。
今度はちゃんと40枚カード揃えました。流石。

5月15日 第5回高槻CS

R1 VS赤青バイク ×
サーチャーで盾確認したら残りの盾が目的不明の作戦と深緑の魔法陣で、これなら受けれると思って安心して相手のレッドゾーンZのアタック通したら焼かれた盾が目的不明の作戦でブレイクされた盾がブライゼナーガでした。あれ?
後で確認したら深緑の魔法陣ちゃんと山札とマナ合わせて4枚ありました。寝不足の代償。

R2 VS赤黒バイク ○
レッドゾーンZも単騎マグナムも引かれずに、相手が仕方なしにエンテイトリッパーバイクトップギアの盤面で殴ってきたら天門踏んでエンテイをものともせずループに入って勝ち。 サーチャーで確認したとき盾が天門×2、ディメンジョンゲート、深緑の魔法陣、フォースアゲインでそりゃ勝つやろ、ってなってました。

R3 VS白刃鬼 ○
一生懸命ブーストしてる隙に天門ミルザムエメラルーダで勝ち。

R4 VSジャックポットモルネク ○
相手がブースト1枚も引いてこずなおかつ先行こっちなら確殺できることに気付いた。神か。

R5 VSアナデッド ○
相手がパンツァー勝利リュウセイデッドゾーンの盤面で何故かジャスキルしにきてくれたので確認してた天門踏ませて返しアゲインエメラルーダからループ入って勝ち。

R6 VSジャックポットモルネク ×
デッキを確認したときに深緑の魔法陣が盾にあったので天門さえ引ければマナに置いて即勝ちなのに全く引けずにもじもじしてたら相手が大量展開してきて大したトリガーもなく負け。

結果4-2予選通過

ここまでブライゼナーガを一回も出してなかったです。何デッキだこれ。

本戦R1 VS 緑単サソリスループ ×
サーチャーが緑のカードなのでヘブンズゲートが手札に加えられないせいでエメラルーダ→ヘブンズゲート埋めブライゼナーガという必殺の動きも出来ず相手が先にループに入って負け。

ベスト16落ちでした。

予選6回戦、最終戦と、ヘブンズゲートが手札(最終的には盾)に加えられないせいで負けているので、それらのサーチャーをもっと増やせば戦績はもっと良くなったなー、とリストを振り返りながら思ってました。
イメンがかかった一番負けられない試合で負けてしまったので悔しかったですし。

仕方ないから地元の店に戻って遊んで身内の家で寝て帰りました。

もうすぐ新弾もGPも近いですし、新しいデッキも考えないといけないし、追い込みかけてかないとだめですね。現環境のデッキはいいとしても。
というわけでデッキ考えてきます。おやすみなさい(睡眠至上主義)。

『第5回高槻CS ブライゼシュート』
4 x 音感の精霊龍 エメラルーダ
4 x ヘブンズ・ゲート
4 x 目的不明の作戦
4 x フォース・アゲイン
4 x 深緑の魔方陣
3 x 黒神龍ブライゼナーガ
3 x 生死の天秤
3 x サイバー・ブック
2 x 五郎丸コミュニケーション
2 x ディメンジョン・ゲート
1 x 奇跡の精霊ミルザム
1 x ポジトロン・サイン
1 x 予言者マリエル
1 x 転生スイッチ
1 x クリスタル・メモリー
1 x 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
1 x 黒神龍ザルバ

雑な再開のお知らせ

ちまちまなんか適当なこと書いていくといったな? あれは嘘だ。

3日坊主とは恐ろしいものですね。

負けたCSのレポートなんてtwitterで書いてもしょうがねーだろ、とか思ってたんですがこんだけせっかくCS出てるならレポートはどっかに残したいと思ってたんで。 ここの存在をほぼ一年ぶりに思い出したわけです。

というわけで読む意味もないようなCSレポート、始まります。
プロフィール

25

Author:25
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR